バーチャルツアーは公立や私立の学校、英語学校、自動車教習所など幅広くの教育機関や施設で活用できます。では、教育施設でバーチャルツアーを掲載するメリットは何でしょうか?

1. 新型コロナウィルス対策と安全性のアピール

以前からも保護者の方は学校生活においてお子様の安全が何よりも大切と考えていましたが、新型コロナウィルスの影響を受けてより一層安全意識が高まりました。フォーカスメディアのバーチャルツアーは、家族の心配を和らげ、学校の安全対策をアピールするのに最適なツールです。

2. 他校との差別化

年ごとに教育にかける費用も増え、教育機関の間の競争も激しくなってきました。 

バーチャルツアーを用いることで他校との差別化を図り、学校選択の決め手にもなります。

3. 新しい形の体験授業

従来の体験授業は学校側で準備が必要であったり、他の生徒の集中力にも影響しました。バーチャル体験授業では、学校側は予約や予定管理などの心配をせず、生徒も自宅から気軽に体験することができます。 

レッスンに情報アイコンを組み込み、充実した体験授業を提供できます。

97%

97%の生徒は、学校に入学する前に体験授業やツアーを希望しています。

71%

71%の保護者の方が学校を選ぶ際の非常に重要な要素として安全性を挙げました。

11

教育費にかける費用は11年ぶりの高水準にあり、教育業界の競争も激しくなっています。

制作実績は事業のページにアクセス下さい。

質問等ございましたらお気軽にお問い合わせフォームからお問い合わせください。