検索

たびたびの旅: 青森への旅

更新日:10月28日

第1回ブログ投稿をご覧いただき、誠にありがとうございます(*^^*) ついに、360VR #たびたびの旅 をスタートいたしました。このシリーズでは、360VRテクノロジーを通して、日本中の観光スポットを皆様にお届けします。さて、この旅の最初の目的地は、青森県の十二湖です。


十二湖について


十二湖は青森県の西部に位置し、白神山地に属します。十二湖という名前は、「12個の湖」に由来しますが、実際には、この地域にはその3倍程の湖が存在しています。この地域は様々な野生動植物の住み処となっていて、なんとニホンツキノワグマも生息しているのです。ここは津軽国定公園に指定されていて、毎年何千人もの人々が自然に癒されに来ます。



青池


青池とはその名の通り青い池であり、その点が普通の池とは異なります。そのユニークさから、ここはこの地域で最も人気の高いスポットです。青池の水は美しい藍色で、色が濃いのに完全に透き通っていて、水深9mまで覗き見ることができます。いまだにその色の神秘は解明されていませんが、はっきりとわかるのは、木々の中を太陽が照らすときのその情景は、非常に見事なものということです。



全画面表示


リフレッシュ村


津軽国定公園にあるリフレッシュ村のスカンジナビア様式の丸太小屋で、私たちは二泊滞在してみました。この村は森の奥深くにあり、携帯電話に全く電波が入りません。最近では現代のネット社会を完全に遮断するのは難しくなりましたが、ここはそうするのに最も適した場所ではないでしょうか?この小屋は大人6名まで泊まれて、大自然の中休息を満喫するのに必要なものすべて揃っています。


下をクリックしてリフレッシュ村のバーチャルツアーをご覧ください。



最後に


日本の大自然を満喫したい人にとって、ここは最高の場所となるでしょう。秋田や青森にある最寄りの都市もまた、それ単独で足を運んでも十分楽しめるところです。十二湖は本当におすすめのスポットです(^^♪



62回の閲覧

最新記事

すべて表示